ゴースト・トレイン/ウィテカー

原題Ghost Train
作曲:E.ウィテカー
時間:約20分30秒

昨日に続き、列車にまつわる作品をご紹介します。
1995年、吹奏楽曲の作曲家としてウィテカーの名が世界に知られるようになったきっかけとなった作品が、この「ゴーストトレイン」ではないでしょうか。スパークのオリエント急行と同様に、この作品も音楽による列車の走る描写がとても素晴らしいです。しかしタイトルの通り、全体的に怪しい雰囲気が漂っていて、実在しない幽霊列車が本当に目の前に現れるようです。

曲は3楽章にわかれていますが、音楽は切れ目なく続きます。

  1. Ghost Train
  2. At the Station
  3. Motive Revolution

演奏には20分もかかる大曲なので、コンクールではカットして演奏されますが、ゴーストトレインの発車、走行、停車などの描写が本当に素晴らしく、この曲を知らない人でも楽しめると思いますので、できればコンクールではなく、演奏会で全曲カットなしで演奏してみてほしい作品です。

こちらは1楽章部分の動画。(28秒付近、急に音が大きくなるので注意してください)

【送料無料】【お取り寄せします 20日間】ゴースト・トレイン作曲:エリック・ウイッテカーGhost Train Triptych【吹奏楽-楽譜セット】

価格:49,700円
(2012/7/19 13:41時点)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加