尺貫法(間、尺)

尺貫法とは日本の伝統的な長さの単位をあらわす方法です。現代ではメートル法が一般的になりましたが、舞台業界では現在も尺貫法を使うことがほとんどです。吹奏楽では山台(ひな段)を組み立てるときに使われる言葉だと思います。
1間(いっかん)=6尺=約182cm
1尺(いっしゃく)=約30cmです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加