奥行き(舞台)

奥行きとは、 舞台上で中央の客席側からホリゾント側までの長さのことです。単位は日本では尺貫法を用いることが普通です。
吹奏楽では編成人数にもよりますが、最低でも4間(約7メートル20センチ)は必要です。50人以上の編成の場合は5間、舞台前方で寸劇などの演出もする場合は6~7間はほしいところです。
会場選びは第一にアクセス、第2に客席数で決める方が多いと思うのですが、舞台の広さも気をつけて検討するようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加