ウェストサイド・ストーリー・セレクション

原題:westside story selection
作曲:レナード・バーンスタイン
時間:約10分

バーンスタインの名作ミュージカル「ウェストサイドストーリー」の曲がメドレーになった作品です。

  • アイ・フィール・プリティ
  • マリア
  • 何か起こりそう
  • トゥナイト
  • ワン・ハンド,ワン・ハート
  • クール
  • アメリカ

序奏とコーダにはトゥナイトのモチーフが使われており、ポップスステージのトリにも似合う壮大なアレンジとなっています。
個人的には「マンボ」も入っているとよかったんだけどな~という点が残念ですが、ニュー・サウンズ・イン・ブラス シリーズの有名な「ウェストサイドストーリーメドレー」(岩井直溥氏編曲)よりも、オーケストラ的なサウンドを意識した原曲に近い編曲となっているので、演奏側も聴衆も楽しめる作品だと思います。
余談ですが、岩井直溥氏が編曲したウェストサイド関係のアレンジ作品ではもう一つ、ウェストサイドストーリーより「シンフォニック・ダンス」という作品があります。これはプロ吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」がCD「ブラスの祭典」に収録したことで話題になった作品です。
この楽譜は市販されておらず、著作権の問題から今後も市販される予定はないようです。なので現在、実質シエナ以外の楽団が演奏することはできない状態です。
本当に素晴らしい作品なので一般的に入手できないのは吹奏楽ファンにとっては残念ですが、作品の品位を保つためには一つの方法なのでしょう。

この楽譜を購入する

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加