海の男達の歌/ロバート・W・スミス

原題:Songs of Sailor and Sea
作曲:ロバート・W・スミス
時間:約8分

アメリカのアラバマ州出身の作曲家、R.W.スミス氏の作品。アメリカ海軍バンドの委嘱により1996年に作られて大ヒットしました。ちなみにフェスティヴァルヴァリエーションズの項でも言いましたが、もう1人、吹奏楽の作曲家として有名なC.T.スミス氏とは別の方です。
直訳は「船乗りと海の歌」ですが、日本では「海の男達の歌」と呼ばれていますね。
曲は「Sea Chanty(舟歌)」「Whale Song(鯨の歌)」「Racing the Yankee Clipper(ヤンキークリッパー、アメリカの高速船の航海)」の3つの部分で成り立っています。荒波や神秘的な海と戦ってきた船乗りたちを讃え、また壮大な海そのものを表現した作品です。
その表現のために、特に打楽器パートには珍しい楽器の指定が多くあり、ships bell(舟の鐘)、
ocean drum(波の音を表現できるような太鼓)、chain(太い鎖を巻くような音)などの指定があります。
吹奏楽オリジナル曲というのは、吹奏楽関係者にとっては有名な曲でも、一般の人にとっては知らなくて
眠くなる…というケースもあると思います。しかしこの作品は事前に知らなかったとしても、
曲名と音楽を聴いただけで情景を思い浮かべて楽しむことができる、素晴らしい表現が詰まっています。

この楽譜を購入する

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加